注文住宅購入は無理のない住宅ローンの返済を!

注文住宅購入は無理のない住宅ローンの返済を!

将来の事は、予想不可能なケースが多いです。
これは、人間が不確定事項の中で生きているからであり、確定事項の中で生きている人はほぼいないと言ってよいです。
確定事項の中で生きると言う事は、何月何日に結婚するあるいは子供が生まれるといったことが確定している事ですが、そのような事は予想できても明確に当てることができる人がいません。
この点について、人によっては将来のことを厳しく考える人もいますが、甘く考える人もいるわけです。
将来のことを甘い見通しで考える人は、注文住宅を建築する時住宅ローンの組み方も甘くなるでしょう。
例えば、今現在毎月80,000円の賃貸物件に住んでいる場合、注文住宅の建築においてもローンの返済額を毎月80,000円に設定する人がいます。
確かに、今まで家賃を払い続けることができたならば注文住宅を手に入れた場合でもやはり返済ができる可能性がありそうです。
しかし将来の事は明確にはわからず、実は収入が大きく減少するかもしれません。
そうすると、住宅を手放すかあるいは住宅を維持するためだけに働くことになりかねません。
その点を意識して少し余裕を持った返済額にしましょう。

フラット35を利用して注文住宅を建てる際の注意点

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供されているフラット35は、固定金利型の住宅ローンなので資金計画が立てやすいというメリットがあります。
加えて、保証人も不要ですし、団体信用生命保険への加入も任意となっているので健康上に不安を抱えている方でも利用することが可能です。
ただし、この住宅ローンを利用するには所定の条件を満たしている必要があります。
フラット35の利用条件は、通常の住宅ローンとは異なり、収入だけでなく物件にも条件が定められています。
そのため、この住宅ローンを利用して注文住宅を建てる場合は、事前にハウスメーカーや工務店などに物件条件を満たせるか確認しておくことが大切です。
また、この住宅ローンは建物が引き渡されたタイミングで融資が開始されます。
注文住宅を建てる場合、着工金や中間金といった支払いが必要になるので、資金状況に応じてつなぎ融資の利用も検討しましょう。
さらに、この住宅ローンは頭金が一割未満の場合、金利が高くなります。
場合によっては民間の住宅ローンを利用した方が総支払額が抑えられる場合もあるので、十分に検討することが大切です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の豆知識をご紹介

当サイトは誰もが憧れて止まない住まいを手に入れたい場合の、注文住宅の豆知識や基本情報をご紹介しています。家を購入することを検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。注文建築の住宅では、家計などのシミュレーションも大事になります。また注文建築の住宅購入は無理のない住宅ローンの返済のプランニングが大切です。素敵な家に暮らしながらも無理なく支払いをすることが出来るよう、よく考えておくのがお勧めです。

Search